小学校講師のパパが二人の子育てやってます

小学校の先生ですが、二人の子育てやってます

子育てについて、役立つことや思ったこと、お出かけ情報を書いています

福岡から車で一時間!それでもいく価値がある干潟よか公園in佐賀県

台風が過ぎ去って行きましたが、相変わらず暑いですね。年々暑さが厳しくなっていくような木がするのは、歳をとったからでしょうか。

しっかし暑い!とにかく暑い!修造が日本から出ていったら少しは涼しくなるはず!

そんな思いも虚しく暑さはどんどん厳しくなって行きますね。そんな訳で、ちょっと川遊びにでもいってみようと思い、佐賀県の東与賀にある『干潟よか公園』へと足を運びました。

第二の故郷、佐賀県は福岡県の隣にあります

大学の四年間を佐賀県で過ごしたので、佐賀県は私にとっては第二の故郷になります。ちょうどそのころ、はなわ佐賀県♩が流行ったりしたので、佐賀について少しは知っている人もいると思います。ふーふ佐賀!佐賀県!!

そう、佐賀を探そう佐賀県です。

福岡のお隣の県であり、吉野ヶ里歴史公園神野公園など、実は子連れが遊べるスポットもあるんですよ。特に吉野ヶ里歴史公園はバーベキューもできるし、広大な敷地の中に大型遊具も多く、非常におすすめです。

これらの公園については、また後日紹介するとして、今日おすすめするのはここ。

干潟よか公園

検索すると、このページが一番上にでてくるのですが、公式ではないのかなぁ・・・

勿体無い!!このホームページだと、ここの公園の良さが全く伝わってこない。なんか寂しいよ!全体的に茶色だし。

福岡からは山を越えて一時間三十分くらい

まず、ここまでの道のりですが、福岡からだと、三瀬峠を越えて、ずっとまっすぐ直進してくるのが一番分かりやすいです。もしくは、高速の佐賀大和インターをおりて佐賀市内に向けてまーっすぐ進んでください。

 

本当に、ただまっすぐ突き進んでいくと、まるで弥生時代を彷彿とさせる田んぼの中の一本道になります。それでも、恐れずに突き進んでください。タイムスリップをした訳ではありません。人がいない・・・車にも出会わない・・・

大丈夫、それが普通です。

本当に市内を抜けると人が全くいないエリアが出てくるんですが、それでもひたすら南に向かって進んでいくと、やがて堤防が見えてきて看板が出てきます。

その看板通りに進んでいくと、車が数台停まっている場所が目につくはずです。

そこが干潟よか公園です。

多分こんくらいアバウトでも絶対にたどり着けると思うのですが、不安な人はナビを使ってください。多分・・・出てくるはず・・・

広い敷地にアスレチック遊具や浅い屋外プールがあります

駐車場も結構広くて210台停められるそうです。僕らがいったのは日曜日でしたが、全部は埋まってなかったかな。割と停められました。

駐車場には大きなトイレもあります。駐車場と公園の間にはクリークがあり、公園側にいくには橋を渡らないといけません。ここがちょっとめんどくさい感じもしますが、そんなに離れている訳ではないので、車通りを気にしなくていいと思えば、いいのではないでしょうか。

f:id:raitinoosake:20170704221602p:plain

無料のプールが充実している

ここの売りはなんといってもこの無料プールでしょう。じゃぶじゃぶ池という名前でしたが、いわゆる子供用の浅いプールです。f:id:raitinoosake:20170704222417j:plain

ここがめっちゃ楽しいし無料で遊べる。

まず、水深が20CM40CMとあり、どちらも小さい子供が遊べる深さとなっています。そして何よりすごいのが、ものすごい勢いで噴出されている噴水

まず、シオマネキの石像の爪と背中から勢いよく飛び出す噴水

f:id:raitinoosake:20170704222731j:plain

これ、2m以上は吹き出てるんじゃないかな?

さらに向かい合った二匹のムツゴロウから5mくらい吹き出す噴水。ここはかなりのお子様が自分の股間に向かって、ムツゴロウが吐き出したウォータービームを直撃させて遊んでいました。

奥の方には不気味なエイリアン、ワラスボから勢いよく吐き出される水とシャワー。

手前には数匹のムツゴロウの口から優しく吹き出す噴水

これらの噴水の存在が子供達のテンションをマックスにあげてくれます。もう小さい子は本当に吹き出す水が大好きですね。股間に当てるの大好きですね。そんな男子ばっか。ばか男子ばっか。

さらに、小さい子が滑りやすい小さな水が流れる滑り台もあり、本当に楽しく遊べますよ。

しかし、噴水多いな。どんだけ吹き出したいんだ!

一応ベンチに日除けはありますが

プールの周りにはベンチがあって、日除け(シェードが上に張られている)もありますが、ほとんどの人が自分の家の簡易テントを広げていました。もし、みっちり遊ぶのであれば、テントは必須かなと思います。

食事ができるところが近くにない(というか人がそもそも近くに住んでいない)ので、お弁当を持ってくるか、数キロ先のコンビニまでいく他ないです。

自動販売機がたくさん置いてあるので、飲み物は大丈夫ですね。売り切れもしていなかったので、きちんと補充されていると思います。

あと、かき氷の屋台が出ていましたが、女子中学生か高校生の2人組が売っていたのはなんでだろう。300円ですが、大きいカップにみっちり氷を詰めて、たっぷりシロップをかけてくれますよ。

プールいがいにも遊具が充実している

結局、このじゃぶじゃぶ池でひたすら遊んで奥までいけなかったんですが、奥の方にもアスレチック遊具があります。しかも結構大きい奴がそびえ立っていました。フリーフォール滑り台もあったんですが、さすがに暑かったせいか、そっちはほとんど人がいなかったですね。

そして、その隣は広大な芝生広場がありました。ここでも1組の親子がフリスビーを投げているくらいで、人はいませんでした。

 

あと、おもしろ自転車の貸し出しもあるみたいです。ただ、貸し出し場所がどうも奥の方みたいだったので、どんなものがあるのかはわかりませんでした。

シャワーもあるよ(100円かかるけど)

プールの横にはシャワーもあって、結構しっかりしたシャワー施設です。

f:id:raitinoosake:20170704224313j:plain

子供だったら、ここに一気に入れて洗ってしまえば、そのまま着替えて帰れるので楽ですね。

福岡からでもくる価値はある!とっても楽しい公園です

という訳で福岡からでも十分にくる価値はあると思える公園でした。まだ、できて10年ちょっとみたいなので、施設も新しいし、無料で遊べるのと、プールの規模がちょうど目が届く程度の広さなので、安心して遊ばせることができます。

福岡市内からだと、中之島公園が一番利用しやすい河川公園なのでしょうが、いかんせん車を停めることができないくらいの人気ですし、ちょっと足を伸ばして佐賀県までドライブがてらどうでしょう?