小学校講師のパパが二人の子育てやってます

小学校の先生ですが、二人の子育てやってます

子育てについて、役立つことや思ったこと、お出かけ情報を書いています

宝珠山ほたる祭に行ってきたよ!30回目でステージがすごかった!

六月の頭ということで、ホタルを見に福岡県の東峰村の『宝珠山ホタル祭』に行ってきました。市内からだと下道で二時間ほど、高速使えば一時間ちょいで行けますよ。

 

会場に駐車場はないので、シャトルバスを使います

四時に家を出て、下道を使って杷木インター辺りを越えると、青看板に東峰村の文字が出てきます。山道を登っていくと結構大きな看板が出てますので、わかりやすかったです。

会場は川遊びで有名な棚田親水公園なんですが、そこは祭当日は駐車できません。臨時駐車場がJR宝珠山駅の裏手グラウンドになっていますので、駅めがけ行きましょう。

係の人がいますので、案内通りに駐車します。かなりの広さがありましたので、満車になることはないかと思います。

 

f:id:raitinoosake:20170604144512j:image

すでにシャトルバスの行列がこんなにできてました。

 

ここからシャトルバスに乗って会場まで移動します。5キロほど離れてますので、片道15分ほどバスに揺られると無事会場にたどり着けます。

 

結構シャトルバスも連続で来るし、10分程度でバスに乗れたので、帰りもバスですんなり帰れるだろうと思ったんですよ。この時は…ね。

子供は川遊びに夢中になる

バスを降りてちょっと登ると、棚田親水公園に到着します。六時過ぎでもまだまだ明るいですね。

子供達は一目散に川の滑り台へと走りだします。追いかける父。ほとばしる汗。すっ転ぶ息子。響き渡る泣き声。

 

あぁ青春の一ページ

 

f:id:raitinoosake:20170604144616j:image

 てな感じで川遊びでしばらく時間を潰しても、まだまだ明るかったので、イベントステージの方へ移動しました。

屋台もあります、数は少ない

やきそばやら焼き鳥やら売ってありましたが、僕らは車の中で晩御飯を食べてきたので、かき氷めがけて突き進みました。ここにあったのが、あまおう(いちご)を凍らせて、かき氷機でスライスしたものに乱入をかけたいちごおり!

なんと300円です。これが美味しい!いちごだそのままだから!こおったいちごだから!あまおうだから!

これは本当にオススメです。ぜひ食べて欲しい。

ステージも結構気合いが入ってた

そこで、いちごおり食べながらステージ見ようかとしたら、うちの娘はただのかき氷が食べたいとぬかしまして、おいおい、レディ。本物のいちごのかき氷だぜ!こいつぁあまおうなんだぜ!

と説得しても、一杯200円のメロン風味のシロップがかかった氷がよいそうで、娘だけ安い氷。親はいちごおりってなんか、子供にだけいいもの食べさせない親みたいな図になりましたよ。

ステージではJRのブラスバンドやら大正琴やらよさこいやら、結構おもしろく見てて、そろそろ暗くなってきたから移動しようかな。と、川岸に戻ろうと腰をあげたその時

上半身裸の漢(おとこ)達があらわれた!

にげる← しかしまわりこまれてしまった

ステージに現れる上半身裸の漢達。見た目はどう見ても田舎のヤンキー。やばい、なんか乗っ取られたのか?ステージで暴れだすのか?

そんな緊張感のなか、運び込まれる巨大な和太鼓。

 

和太鼓!?

 

打賊「野武士」があらわれた

突然あらわれた漢たちは、本日のステージの一番の目玉である、和太鼓の演奏者でした。それが、もう本当に面白いステージでした。和太鼓の演奏の迫力もすごかったんですけど、パフォーマンスが面白い!

ただかっこよく叩くだけじゃなくて、パントマイム的な面白さを太鼓だけで表現してて、見ていて飽きない。世界公演から帰ってきたばかりだそうで、世界で活躍する人たちって本当に面白いと思いました。

最初の演奏から、音を飛ばして観客を参加させたり、ステージ上を動き回ったり、最後には客席まで降りてきて、子供と一緒に演奏したりと、あっという間に40分近くが経っていました。すごい!

今度嘉穂劇場にくるらしいので、きになる方はぜひ!

野武士のフェイスブック

急いで蛍をみにいく

気づいたらもう8時40分くらいになってまして、野武士にハマりすぎた。だってすごかったんだもん。みんな野武士が終わったら一斉に散って行ったよ。蛍みなきゃね。

ってことでステージが明るいので、蛍がみられるのは少し離れた場所になります。

川ぞいに上流に向かって歩いて行くと、棚田が広がる小道に出ます。足元は真っ暗なんですが、道の途中に竹灯篭が置いてあって良い感じ。しかし、道路が近いことと車通りが多いせいで、結構まぶしい。

でも、蛍は近くをたくさん飛んでいます

棚田の上をフワーッと飛ぶ蛍は本当に綺麗ですね。棚田に映るあかりがまた幻想的です。この日は20匹くらいが飛んでたのですが、ピーク時はもっとすごいらしいですよ。車のあかりが気になりますが、それもこの祭がある日くらいで、普段はもっと暗く落ち着いた雰囲気になるそうです。

結構間近を飛んでくるので、捕まえることもできました。しばらく手の上でうろうろしたあと、また川へと飛んで行きました。本当に綺麗な光景です。

しばらく子供たちと一緒に蛍を楽しんで、帰ることにしました。

ここからが本当の地獄だ

公園の入り口に辿りついたと思ったら、ものすごい長蛇の列。え、まさかバス待ち?

 

そのまさかでした…甘かった。完全になめてた。

行くときに着いた場所よりまぁまぁ歩いたんですよ。会場まで。その会場の入り口からさらに向こうまで行列が続いているなんて。

ここで、もう子供たちは完全にダウン。親が一人一子供を抱っこしてバス行列に並ぶ羽目に。重い…長い…重い…長い…

f:id:raitinoosake:20170607212824p:plain

行きは結構すんなり乗れた木がするのに、帰りは全然バスがこない。うちらも結構早く並べた方なんだけど、人が減らない。後ろにもどんどん人が並んでいく始末です。22時20分が最終バスの運行時間だって言ってたけど、これあと一時間で乗れるとは到底思えない。

孔明の罠だ!

f:id:raitinoosake:20170607213338p:plain

結局1時間近く並んでようやくバスに乗れたわけですが、バスに乗ったのが10時すぎてました。でも、まだまだ後ろにはたくさんの人が並んでたのですが、みんなちゃんと帰れたのだろうか…さすがに置いていったりはしないとは思うのですが…

とはいえ、シャトルバスじゃないと行くのは難しいです

山奥なので蛍は綺麗なんですが、祭当日は棚田親水公園の駐車場は使えません。となるとどうしてもシャトルバスを使わざるを得ない。帰りの時間を早めるなどする他ないのかなと思います。もしくはキャリーワゴンなどで子供引っ張ればよかった。

 

 

うちは、これ使ってます。子供三人乗っけても大丈夫!

 

蛍は綺麗、ステージや屋台もあるよ

もしかしたら祭をやってない方が蛍は綺麗に見えるかもしれません。でも、ただ蛍みに行くだけはちょっと遠いかなとも思います。しかし、シャトルバスの行列は考えもんですね。蛍が見える時間帯を考えても、子供はどうしても寝てしまうだろうし、その中で一時間近く並ぶ覚悟が必要です。

でも、ステージも今回はかなり力を入れているようですし、屋台も色々あって地域性があって面白いですよ。何より地域価格なんで安い!

純粋に蛍だけを楽しみたい方は、祭の日は外して行かれることをオススメします。静かで本当に綺麗な景色を楽しめますよ。