小学校講師のパパが二人の子育てやってます

小学校の先生ですが、二人の子育てやってます

子育てについて、役立つことや思ったこと、お出かけ情報を書いています

なくなるヨ!スペースワールドが最後なので行ってみた

今年の12月に閉園が決まった北九州のスペースワールド。27年の時を過ごした当園ですが、今年の12月にはなくなるヨ!っていうCMでも話題になりましたよね。

僕の周りだけかな?

 というわけで、正に今だけ!行くなら今年中です。スペースワールドに行ってきました。

 福岡からは一時間半

高速使えば一時間程度でも行けるかもしれせん。下道だと2時間はかかるかな。

電車の場合はスペースワールド駅があるので分かりやすいですね。閉園したら駅名変わるんでしょうか。

 

駐車場は道を挟んだ反対側

この駐車場はめっちゃ不便だと思うのですが、大き道を挟んだ場所にあるのです。十時過ぎに行ったのに目の前の駐車場はすでに満車。ぐるっと回った第二駐車場へと案内されました。

しかし一日千円もとるのね、ここ。流石に高いなと思いましたが、仕方ありませんね。

ここはまだまだ空いてましたので、駐車してスペースワールドへと向かいます。

何故か一度地下へと下り、その後道路の上の歩道橋を歩かされて、切符売り場へと向かいます。なんで一度下がって上に上がらせるのか、一気に上を通ったらいけないのか、謎は募るばかりです。

切符売り場も行列が

幼子ふたりとプールの荷物を抱えて、炎天下の中なんとか切符売り場まできたのですが、ここも行列ができてました。

やっぱり最期なのが効いているのでしょうか?

一昨年の年末来た時はガラガラだったはず。これ、なくなるヨ詐欺じゃないですよね。

 そんな行列をなんとかやり過ごして無事に園内へと入りました。

しかし、ここからが本当の地獄でした。

暑さに観覧車が止まりそうになる

最初にステージショーがあるというので、まず近くのステージへと向かいました。まぁ空いてて余裕で座れます。

お姉さんやキャラクターと一緒に歌やダンスで踊るショーですが、うちの子はこういうのに出たがらず、なぜ観たいと言ったのか謎です。

そして、踊る小学生にまじって一人めちゃめちゃ笑顔のおじさんがいましたが、なんかあの方は見たことある気がする。二年前もこのショーで踊ってた気がする。

小学生に混じって笑顔で踊るおじさんは中々インパクトが大きいので覚えてたんですが、あの方はいつもいるのでしょうか。気になります。

ショーを観たら観覧車に乗りたいというので、観覧車へと向かいました。

案の定誰も乗っていない。あれだけの車があったのに、みんなどこに消えたのでしょう。不思議でなりません。

観覧車に着くと係員の方から「ゴンドラは35度以上あります。暑さのためそろそろ止まるかもしれません。」と、今から乗ろうとしている親父に死刑宣告をしてくださいました。

そんくらいで諦める我が子ではありません。親の制止を振り切って乗りこんだため、親も乗る羽目に。

しかし、これが以外に涼しかったです。窓が両側開いているので、結構風が吹き込んでくるし、でかい団扇が常備してあったため、15分という時間でしたが楽しく乗れました。

ちなみに乗っていたのはうちの家族くらいでした。

カピバラカフェに避難する

しかし、あまりに暑いのでなんか涼しそうなカピバラカフェとやらに避難したのです。だって暑いんですもの。

クーラーが入ってるし飲み物も飲めるしカピバラと触れ合えるし入場料が別にかかるし。

 

入場料が別!?

まさかの大人500円という出費に心がざわつきましたが、そこは大人ですから冷静に財布から千円札を取り出して払いました。

みんな無料だと思って来るみたいだ、入り口に係員の人がいて、とにかく「ここは入場料がかかります。」と言っていて、コンビニの人が来た時の音楽みたいになってました。

中は広大な砂場とドリンクバーがある。カピバラは外にいる。

中で触れ合えんのかい!

カピバラさんは外にいました。しかも時間が決まってて40分触れ合って20分休憩というスケジュールでした。うちの子はちゃっと触れ合ったら砂場にゴー。

ここの砂場は結構広くて屋内用の抗菌砂場です。とにかく広いです。その広い砂場の隣に少しの席とジョイフルとかにありそうなドリンクバーがあるだけ。

でも暑かったからか、まぁまぁ人がいましたね。それ以上に入場料がかかるので引き返した人が多かったけど。

 

入場してわずか一時間でいきなり追加料金を払って休憩を始めた我が家です。全然スペースらしいことしてない。

どうなる我が家!

我が家がキャンピングカーを買ったわけ⑥他のお店にも行ってみる

 

raitinoosake.hatenablog.com

 

 キャンピングカーってレンタルできるんだよ!ゲオとかツタヤじゃできないけど、九州で調べてみると結構お店がありますよ。

しかし、どのお店もレンタルできる車の数は多くなく、シーズンともなると長期で借りている人も多く、レンタルするにも計画性が必要なことがわかります。そもそも乗ったことないので、どういう風に使えるのか、どんなところに停めることができるのか、そもそもこんな若造が借りていいのかなど不安が湧き起こりました。

そこで、レンタルできるお店へと足を運びます。

キャンピングカーの雑誌を買い漁って知識を蓄える

 

キャンピングカーオールアルバム2017-2018 (ヤエスメディアムック531)

キャンピングカーオールアルバム2017-2018 (ヤエスメディアムック531)

 

 

 

 

 

 ここら辺の本を買って、読み漁ってみました。

すると、国産のキャンピングカーも結構あること、装備は変わるものの中身のレイアウトはそこまで大きく変わらないこと、子育て世代でも乗っている人はいる(未だに一度もあったことない超レアキャラですが・・・)こと、などの情報がわかりました。

まだまだ、検討レベルな人は、ぜひ本を買ってきたり、図書館などで借りてきて読んでみることをオススメします。みてるだけでもワクワクしますよ!!

レンタルできるキャンピングカーをみてみる

本当はお店を紹介したかったんですが、諸事情によりお店の名前は伏せます。

とにかく、レンタルできるお店に行ってみて、実際の車をみてみることにしました。

ナッツRVとは違って、ちょっとこじんまりとしたそのお店。レンタルのキャンピングカーをみてみたいと申し出たのですが、現在レンタルされていてお店にはないとのこと。

いきなりの挫折です。

しかし、担当の方がとても話しやすくて色々と話をすることができました。

そこで、そのお店でも中古のキャンピングカーを売っていたので(ちょっと高かったので買えなかったんですが)、実は他のお店でも中古を見せてもらったことや試乗してみたことなどを話していると、「うちでも他のお店の車とか色々と探せますよ!探してみます!」と頼もしいお言葉をいただきました。

全国のお店とネットワークがある

中古車を買ったことがなかったので知らなかったんですが、お店同士でのやり取りも結構あるんですね。これだけネットワークが発達している時代ですから、インターネットで色々な中古車情報が集められるらしく、全国から自分たちの条件に合いそうなものをその場で探してもらいました。

条件は、本を読んで嫁と話し合って決めていたので

①トイレがあること

②家族全員が寝れること

③300万円程度であること

の三つを条件にだし、先日の試乗で感じたこと

①排気量が3000くらいは欲しいこと

②備え付けのコンロがあること

などの条件を付け加えて色々と探していただいたのですが、やはりこれ!っていうものが見つかりませんでした。

連絡先を伝えて、この日は退散

というわけで、この日は目的のレンタルキャンピングカーをみることはできなかったのですが、営業の方に「いいのが見つかったら連絡します!」とおっしゃっていただき、店を後にしました。

やっぱり一度レンタルしてみようかー、なんてあの頃は話していたんですね。なんでもないようなことが幸せだったと思います。

まさか、ここからいきなりあんなことになるなんて。

ないなら作ろう ダンボールで仮面ライダーエグゼイド ゲーマドライバーを作ってみた

九州の豪雨の影響を受けるほどではありませんでしたが、福岡はずっと雨が降り続いておりました。朝倉の方では甚大な被害が出ており、数年前の水害からそんなに経っていないのに、またこんな状況になろうとは、本当に最近の天気はちょっと怖いですね。

土日も雨で外に行くこともできず、家に引きこもっているのもなんなので、たまには工作に励もうと、息子が欲しがっていたキューレンジャーの変身するキューザブラスターではなく、簡単そうなゲーマドライバーを作ってみることにしました。

材料はダンボールと印刷した紙、そしてテープとプラパン

調べてみると、発泡スチロールで作っている人がいたのですが、発泡スチロールが家になかったので、ちょうど捨てにいけなかったダンボーを使うことにしました。

さらに、実物がよくわからない状態でしたので、インターネットから写真を印刷して、それを型にダンボールを切り取ることにしました。

で、完成したのがこんな感じ。実物を見なかったのせいでだいぶん形がおかしいですね。真ん中のところとか、持ち手のところとか。

f:id:raitinoosake:20170711213638j:plain

とりあえず、こうやって作りました

需要があるかどうかは別として、とにかく作ってみたので、こんな感じでやりましたよーってことを、後から改良も加えることを考慮して、覚書を残します。

かなり大雑把に作ったので、器用な人ならもっと上手にできるはず!!

まず、子供の体に合わせた大きさに印刷する

ネットで持ってきた写真を、子供の体の大きさに合うように印刷します。その大きさに合わせて、一番背面の部分をカッターで切り取りました。

ここは特に丈夫である必要があるので、ダンボール二枚重ねで強化しています。

ガシャットを入れる部分や真ん中を作る

次にガシャットを入れる部分を作ります。ここはまず、下の受け取り部分をセロハンテープで貼り付けて、縦に仕切りをテープでつけます。そして前面部分には、百均で買ってきたプラパンを、テープで貼り付けます。

真ん中の部分は厚みを持たせるために、ダンボールを重ねようとしたのですが、思った以上にめんどくさかったので、小物入れのようになってしまいました。

f:id:raitinoosake:20170711214642j:plain

レバーを作る

ここが一番大変でした。どうやったら回転させられるかを考えました。

とりあえず本体への接続部分に、画用紙を丸めたものを貼り付けました。そして、そこにぎゅうぎゅうに丸めた紙(新聞紙で細い剣を作る要領で丸めたもの)を入れ込み、画用紙からはみ出た部分をレバーへと貼り付けました。

f:id:raitinoosake:20170711215309p:plain

これがかなり苦労した部分です。まず、持ち手なので壊れにくいように、ダンボールの折り目が縦と横に重なるように重ねています。そして上からセロハンテープを二重巻にして本体に貼り付けました。

ガシャットも作るよ

エグゼイドの変身に必要なアイテムですね。これもネットで適当にみて作ったので持ち手がないです。ただ、ベルトの収納部分に入ればいいかという感じで作っています。

f:id:raitinoosake:20170711215656j:plain

これも、収納部分にしっかり収まるようにしたかったので、ダンボール二枚の間に、蛇腹におった画用紙を挟んで、セロハンテープでぐるぐるまきにしています。少し弾力が出ていい感じです。

また、上の部分には、百均のプラパンを使っています。ここで使ったプラパンなんですが

 

蓄光性プラ板 ちぢみくん 夜光 B6 2枚入

蓄光性プラ板 ちぢみくん 夜光 B6 2枚入

 

 

蓄光できるプラパンってのがあるんですね。これを使うと、電気を消した後に光ってそれっぽくなります。

最後にベルトを通す

ここをどうしようか一番悩みました。実際に百均でベルト買ってきてつけてもいいかなと思ったんですが、それだと自分ではつけきれないだろうし。なんか自分でもつけることができるようないい方法はないかな。ゴムとか紙とか試してみたんですが、一番よかったのが布ガムテープ。

f:id:raitinoosake:20170711222800j:image

これを貼り合わせて長い帯状のものを作り、最後の部分だけ、貼り合わせずにくっつく場所を作ってあげれば出来上がり。これだと3歳の息子でも自分でつけたり外したりできました。

 

自分で作ると結構楽しいし、こんなもんでも子供は喜ぶ

最初は、音もならないし光らないし、遊ばないかなと思ったんですが、予想以上に息子は気に入ったようで、一日つけて遊んでいたようです。

ただ、所詮は素人の適当な作りなので、帰ってくると持ち手のところが外れていました。やはり強度には難ありですね。それでも、またテープで補強してあげれば治りましたので、まだまだ遊べそうです。

この蓄光プラパンを使えば、他にも手作りでできそうなものがありそうなので、また時間ができたら子供と一緒に工作したいと思います。

ネットで簡単に買うこともできますが、たまには手作りのおもちゃも面白いですよ。

なければ自分で作ればいい。ってかっこいいですね。

我が家がキャンピングカーを買ったわけ⑤調べる、調べる、調べる

 

raitinoosake.hatenablog.com

 中古車がある!!ってことで調べて調べて調べまくってみました。

とりあえず中古車情報を調べてみる

まずは、中古車サイトでキャンピングカーを調べてみると、結構あります。

中古車だとやっぱり値段がそこそこに落ち着きますね。

ここで色々調べてみると、キャンピングカーは動く部屋ということを改めて感じさせられます。

同じ車でも全然違う

まず、中身の装備が結構違います。特にトイレが付いているものとなると、意外に少ない感じでした。

調べてみると、トイレって結構使わないっていう意見が多いですね。やっぱり日本のコンビニにトイレがあることと、車体の大きさの関係で、トイレはつけない方が主流なのかな。

あとは照明がLEDとか、コンロが備え付けのものかなどでもだいぶん変わってきますし、座席の向きや乗車人数、就寝可能人数などもかなり違ってきます。

新車から自分好みに改造していくのが、まさにこのキャンピングカーの醍醐味!って感じですね。

とりあえず、実際に見に行ってみる

色々調べてみればみるほど、ここはいいけどここは・・・みたいに完全に泥沼にはまってしまいました。しかし、やっぱりネットの写真だけじゃわからん。これは実際に見に行ってみよう。

ということで、先日のキャンピングカーショーで知った、

ナッツRV太宰府インター店|進化し続けるキャンピングカービルダー【NUTS RV】

へと足を運びました。

実際に乗ってみる

ここのキャンピングカーは結構おしゃれでお高いイメージです。ですが、中古車の試乗もできるということで、実際に乗ってみることにしました。

初めてのキャンピングカーの運転。とはいってもベースは中型トラックです。運転席はまさにトラック。視界が高くて結構見通しがききます。

恐る恐る走らせてみると、思った以上に加速しない印象です。10年ほど前の軽自動車に大人四人乗せて、坂道を登っているような、そんな感じ。

このキャンピングカーがちょっと小さめのコンパクトキャンピングカーだったのと、ガソリン車の1800CCという排気量が小ささで、街中を走っていても重たい感じがしました。

お値段も理想に近いのですが、とりあえず保留

実際に乗ってみた感想としては

①運転は思った以上にやりやすい

②後ろの方(運転席以外の部分)は結構揺れる

③思った以上に馬力がない

④後ろが見えないって結構不安

思った以上に運転はしやすいです。ここは人によるのかもしれませんが、結構スイスイいけました。ただ、上述したように馬力が足りない感じがします。平地の街中でも重たいので、山道はちょっと不安。

後ろに乗っていた嫁の話だと、結構揺さぶられるとのことでした。また、普段の運転ではバックミラーで後方が確認できますが、キャンピングカーは構造上後ろが見えません。バックモニター必須ですね。

f:id:raitinoosake:20170707231536p:plain

お値段も理想に近かったのですが、いかんせん、トイレがない。

トイレにできる部屋(すっごい狭いけど仕切られている空間)があるのですが、ここにポータブルトイレを設置して、ドア閉めてやるのって勇気いると思います。

そこで、ちょっと保留にすることに。

そうだ!レンタルもあるよ!!

どうしようかーって悩んでいると、おもむろに店員さんが「レンタルもできますよ」とにこやかにチラシを渡してきたのです。

そういえば、これ車だった!!

キャンピングカーのレンタルってあるんですね。一泊二日で二万前後と結構リーズナブルなお値段で借りることができます。

ちょっと一回レンタルで乗ってみようか。ということでこの日は退散しました。

調べてみると、結構レンタルできる場所があるんですね。しかも結構予約でいっぱいだったりしますね。特にこれからの夏休みは長期レンタルも多いみたいですので、もしレンタルしてみようかなーって方はお早めにどうぞ!!

 

ちなみに、我が家は一回もレンタルしたことありません!(ナニー!!!!)